ごあいさつ

01

前略

近年の私立幼稚園を取り巻く環境も大きく変わりました。
加えて日本経済の低迷や政治不安などで子育ての環境や子育て世代の価値観も大きく変わりました。
2010年度より全国小学校で英語必修化が始まり、英語に対する関心は高まる一方です。

私立幼稚園に求められる教育の質も多様化し、園もこれまで以上に質を求められる時代になりました。例えば現在、私立幼稚園で最も多く取り入れられているスイミングは、父兄の望む課内活動では下位のようです。

その点課内の英語活動は、特定の施設への移動も必要なく園内でスムーズに行えますので目の届くところで安全かつ園児1人あたりの負担も少なくて済みます。

私共、コミュニティー英会話では、現在東部地区で700名以上のお子様への指導を行っております。 独自のメソッド(指導法)で質の高いレッスンを行い、園児の興味を楽しく引き出しつつ発表会などで大きな成果をあげております。

これを機会に貴園の益々のご発展のお手伝いが出来れば幸いでございます。

敬具

コミュニティー英会話
代表 長澤 希施

ページの上に戻る

園児を選ぶ時代から園児から選ばれる時代へ。

私立幼稚園は園児減少の一途。

  • 少子高齢化による出産率の低下
  • 共稼ぎによる世帯増加による保育園利用者の増加
  • 日本経済の低迷…etc
Q.私立幼稚園に求めるものは?
  • 園の雰囲気・環境
  • 先生の質
  • 制服
  • 課内活動の種類
  • バスルート・お弁当の回数等利便性
  • 保育料が内容に見合っているか?
Q.課内活動に取り入れてほしいものは?
  • 英語活動
  • 音楽・リトミック
  • ペン字等読み書きの練習
  • 体操などの基礎運動
  • スイミング
Q.幼児の習い事上位ランキング
  • 1位 英会話
  • 2位 ピアノ・音楽
  • 3位 スイミング
  • 4位 ペン字・書道
  • 5位 そろばん・公文
Q.現在私立幼稚園に取り入れられている課内活動は?

02

  • 1位 スイミング
  • 2位 音楽
  • 3位 体操
  • 4位 ペン字・運筆運動
  • 5位 英会話

上位に来るはずが実際のニーズ(希望)に沿ってない。

ページの上に戻る

園の個性を活かし求められる幼稚園へ

2010年度より全国小学校にて英語必修化国際社会の中、楽しく楽に英語に触れられる年齢は幼児期が1番です。

課外授業と違い、希望する生徒だけでなく全ての生徒が平等にレッスンを受ける事ができます。
保育内ですので、園の先生の立会いのもと、より良い環境で英語に触れてもらうことができます。

英語活動導入のメリット

03

  • 導入コストが安価
  • 園児に喜ばれる
  • 園の特徴のひとつとして認知される

導入事例を見る(光明幼稚園)

既に英会話導入済みの園でもご相談賜ります。
  • ライティング・リーディング時間が長くて実際の指導時間が短い。
  • 外国人講師だけが来る場合に現場での要望やちょっとしたコミュニケーションが取りづらい。
  • 園の特徴として自信を持って発表会等で父兄へむけて成果を見せる場がない(そこまで至らない)
  • レッスン内容がよく把握できない。
  • 楽しそうなのは分かるが、レッスン中の園児の反応がいまいちである。
レッスン内容
  • 外国人講師と行うチームティーチング
  • 1レッスン30分で2コマから可能
  • 園のご希望するレッスン回数に合わせたカリキュラム作成
  • 3・4・5歳児各クラスにあわせたアプローチで学年別に成果が出る
導入までのフローチャート
step1
お問い合わせ
step2
ご案内・ご相談(予算・開始時期等)
step3
デモレッスン
step4
スケジュールの仮作成
step5
ご契約
step6
スケジュール本制作及びオリジナルカリキュラム・使用教材等の作成
step7
レッスンスタート

04

まずはお気軽にお問い合わせください

ページの上に戻る